印刷屋でWebサイトを作ってる自分用メモ的なもの

concrete5の謎メニュー調査レポート

Pocket

今年もやってきました。今回で3年目の
concrete5アドベントカレンダー2016の23日目の記事です。
前日はDJ Kazuさんの『彗星のごとくconcrete5に現れたWebデザイナーの1年』でした。

今年も昨年同様1年間自分がしてきたコン活について振り返りたいと思ったのですが、

イベント参加数……12回!うち、登壇、運営が9回でした。
・・・昨年より回数少ないじゃないか!というね;;

なので今回はバージョン8もリリースしたことですし、
concrete5の管理画面を見ていて気が付いたことを書きたいと思います。

concrete5にはメニューにあるけど標準だと設定できない機能があったりします。
これから実装される?前バージョンにあった?実は裏には含まれている?アドオンのため?
などなど、きっといろいろな理由があるんだと思いますが、
いくつか見つけたので紹介していきます。
特にオチはありません。

Captcha設定

「システムと設定>権限とアクセス>Captcha設定」

フォームブロックで使用されるCaptchaの設定ができるようです。
が、標準で選択できるのは一種類のみ

下記のアドオンを追加することで、reCAPTCHAに設定を変更することできます。

ExchangeCore reCAPTCHA

スパムコントロール

「システムと設定>権限とアクセス>スパムコントロール」

設定できないのは有効なライブラリーの方でスパムホワイトリストグループは設定できます。
でもどういう機能がわからないのでどなたかお教えください;

そもそもこの機能……実は使ったことありませんでした。
調べてみると過去のフォーラムが引っ掛かりましてアドオンを追加すると有効にできるとかどうとか。
しかしそのアドオン、5.6系のでした。

というわけでどなたかが最新バージョンのアドオンを開発してくださるの待ちでしょうか。

データベースをバックアップ

「システムと設定>バックアップとリストア>データベースをバックアップ」

バージョン8になって消失してしまった機能です。
バックアップもリストアもできないのでメニュー名詐欺ですね(泣)
現時点ではアドオンを追加すればバックアップできなくはないようでして、
まだメニューに残っているようです。

そのうち復活するのでしょうか?

サイトユーザーをエクスポート

「システムと設定>権限とアクセス>ユーザー権限>サイトユーザーをエクスポート」

5.6系の頃はユーザーをエクスポートできましたが、5.7系やバージョン8ではユーザーのエクスポートがまだできません。
ですが、権限設定は残っていました。

いつかの実装に期待してもいいでしょうか(笑)

ちなみにユーザーをエクスポートできるアドオンが、
審査にあがっていたと週刊concrete5で教えていただいたので楽しみです。
この権限設定が対応しているかはわかりませんが;;

とまあ、以上です。

他にもあるかもしれませんので気が付いたらぜひ教えてください。
こういう風に使うのよ!ってご指示もあれば幸いです。

今回はメニューにあって設定できない?機能についてでしたが、
逆にコアに含まれているけれどメニューにはでてきていない機能もあるかと思います。たぶん。

そのあたりを知っていけたらいいなあと思います。

お次のアドベントカレンダーは・・・

kohki.shikataさんの『2015年から2016年にかけて弊社が納品したconcrete5事例を詳細に渡って大解剖!!!』です。

Pocket