自分用メモ的なもの

第2回CMSプロレスに参加してきました。

Pocket

第2回CMSプロレス 多言語サイトタイトルマッチ

日時:2016年10月29日(土)14:00 – 20:00

CMSプロレスとは?

  • 同じ仕様のサイトを複数のCMSで構築して競うエンターテイメント性の高いイベント
  • 第一線の開発者達がどのように実装したのかを解説つきで観戦
  • CMSの体育祭!

(イベントページより転載/詳細はこちら

実は私、前回のCMSプロレスにもconcrete5チームとして参加しておりました。
悔しくも1票差で負けてしまったので、今回はリベンジマッチというわけです。

 

構築したサイトについて

今回は多言語サイトがお題ということで、
concrete5チームはいただいたコーディングデータをほぼそのまま利用し、
課題サイトのテーマを作成、サイトを構築いたしました。

コーディングデータはGithubに公開されています。

どのような形でサイトを構築していったのか、テキストベースではありますが紹介します。
サイト構築には出場者とは別にKatzさんと酒井さんにご協力いただきました!

トップページ

Block Designer というアドオンを利用し、オリジナルブロックを作成。
セクションごとにわかりやすく更新できるように目指しました。
一部htmlブロックを使用しています。

一覧ページ

記事ブロックとページリストで構成。
カスタムテンプレートを作成しました。

詳細ページ

詳細ページ用にページ属性を作成、ページテンプレートに属性を表示するように記述しました。
また、コンポーザーで新規登録もしやすいようになっています。

多言語対応について

今回のバトルのメイン!多言語設定についてです。
concrete5は標準機能で多言語サイトが作れますので多言語設定はGUIで全て行いました。

多言語設定は公式ヘルプページに書いてある方法で行うことが出来ます。
多言語機能の紹介

また、グローバルメニューに言語きりかえブロックを追加し、各言語ページへ飛べるようになっています。

イベント当日は

作ったサイトの紹介をはじめ、更新手順や新しい言語セクションの増やし方、ワークフローにも対応していることなどを紹介させていただきました。

concrete5チームの必殺技は、
「当日紹介した多言語に関する設定がすべて標準機能である」ということです。

また、翻訳ツール「YarakuZen」との連携についても紹介しました。

各CMSが交互にプレゼンを行い、
最後に審査員3名による採点が……

……残念ながら今回も優勝を逃してしまいました。
悔しいです。

しかし、その後発表されたパフォーマンス賞をいただきました!
パフォーマンス賞は参加者によるアンケート投票などを元に決定した賞とのことなので
とても嬉しく思います。

今回はプレゼン力の大切さを改めて実感したイベントでした。
もっとわかりやすく説明できるように精進いたします。

企画・運営の方々をはじめ、
ご参加、ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。
お疲れさまでした!

楽しかったです。

次があったらまたリベンジしたいです!

今後のイベント参加予定

concrete5 Meetup Tokyo #1

日時:2016年11月4日(金)19:30 – 21:30

とりあえず集まって自習したり相談したりする会です。

詳しくはこちら

concrete5 harvest festival – 2016 Autumn @ 東京

日時:2016年11月26日(土)14:00 – 18:00

質問タイムのテーマの作り方サイドにおります〜

詳しくはこちら

Pocket